私の指圧について

私が学んだ中園先生が指導した指圧では、中医学の理論と診察方法(望診、聞診、問診)に基づき施療を行います。その目的は、バランスの崩れた体と心の関係を改善させることです。体の緊張をほぐすことで、心の緊張をほぐし、体全体の流れを整えることで体調の改善を図ります。

施術には、指圧・手圧、ストレッチ、オイル・マッサージ、線香を用いたお灸を用います。

指圧により、リラクゼーション、体の痛みの緩和、慢性疾患症状の軽減などの効果が期待できます。

指圧は、何よりも『未病』を目的とします。

指圧は如何なる場合においても、医師の診療に代わるものではありません。

施術の流れ:

まず、望診、聞診、問診、脈診、腹診により、経絡の虚実を診断します。その後、全身、及び、特定の部位に施術を行います。

指圧は、服の上からの施術を行います(オイル・マッサージ、お灸の時を除く)。

指圧施術の頻度:

指圧は、健康維持を目的として日常に取り入れることが可能です。 指圧は、その日の自分の体の状態を知り、整える機会となります。

初診または体調が優れない時には、体調改善を促進するため、1~2週間に1回のペースでの施術がお勧めです。

体調が改善してからは、施術を月一回、または3か月に1回などに減らして、定期的に体調のチェックをし、回復した体調の維持を図るのも良いでしょう。

体調や気分がスッキリしないとき、繁忙期、季節の変わり目など、疲労を感じやすい時期、体調が崩れやすい時期には、指圧をすることで、体調回復を早めることが期待できます。

また、大きな体調不良を感じていなくても、指圧施術を受けることは、心身をリフレッシュさせリラックスさせるのでお勧めです。

他の私の関心事:

ミシュカ・リエラ=アヤットの指導の下、パリのLUMY8というアソシエーションで、コンテンポラリー・ダンスとそれに付随したクラス(ストレッチ、床バレエ、ピラティス、フェルデンクライス・メソッド)を2008年から2022年まで受講。これにより、自分の体をより良く知り、より良く操ることを学ぶ機会となり、人間の体をより深く知る機会となりました。

博士。大学の研究所、フランスの国立研究機関(CNRSやINRA)において、物理化学、その後、人間の嗅覚研究(知覚分析、生理学、ニューロサイエンス)についての研究を行いました。

その他の関心事:トレッキング、料理/食事、香道 。